特徴

訪問看護師専用音声入力で正確で素早い計画・記録・報告書の作成

特徴

リアルタイムの情報共有で、“いつでも どこでも”記録書作成が可能

ご提案

今こそICT化!訪問看護の働き方改革を支援します

訪問看護業務のICT化にはまだまだ課題があります

タブレットを導入したけれども、記録業務は事務所に戻ってから。結局効率化になっていない
キーボードの入力も手間取うことが多く、システムも複雑で使いこなせない。結局、外出先での閲覧のみ
在宅医療は生活環境が様々だから、定型文での記録作成は難しい。正確な詳細情報を残したい。

閲覧だけではもったいない! 訪問看護で最大限にタブレットを活用するには?

訪問看護でのタブレット使用。利点は?難点は?

タブレットの利点
タブレットの難点
たくさんの情報を持ち歩けるタブレットは、訪問看護ではとても有効的。 ただ、課題は記録の作成。タブレットで簡単に作成することができれば、 訪問看護においての タブレットの利用価値は、 格段に上がります!

エニフナースがタブレットで簡単に記録作成できる理由

特徴 1
訪問看護向けに独自開発した音声入力「こえじ」。 だから、医療用語の入力が驚くほど簡単に!

難しい医療用語をしっかり変換する驚きの認識率

訪問看護向け音声辞書『こ え じ』
日常用語は、一般のキーボード入力で十分ですが、医療・看護で使用する単語や文章は誤変換が多く大変です。「こえじ」は実際の訪問看護記録や報告書を元に文章や単語を収集・分析しているので、キーボード入力変換では作成しにくい文章も音声で入力が可能。これにより看護記録や報告をタブレットで簡単に作成することができるのです。 ※マイクマークが表示されるところすべてでこえじでの音声入力が可能です
特徴 2
操作に迷わないシンプルさと記録の引用で タブレットでの帳票作成を簡単に

①タブレットで操作に迷わない!シンプルな作り

機能がたくさんあったり、情報を盛り込みすぎると、操作に戸惑うことも・・・。エニフナースは「いつでも・どこでも・だれでも」使えるタブレット端末。誰でも感覚的に操作ができる画面で構成されています。

②記録データの引用でタブレットので帳票作成を可能に

エニフナースでは各帳票で引用、転用が簡単操作で行えます。 効率的、且つ記録の質を担保した帳票作成が可能です。

『エニフナース』が、訪問看護記録における お困りごとを解決いたします。

管理者のお困りごと

自分も訪問している為、スタッフとの情報のやり取りがスムーズにいかなくて困る…
クローズドのSNSでスタッフ全員と情報共有
SNSアプリ「エニフトーク」はセキュリティの高いソーシャルネットワークシステムです。エニフナース同士はもちろん、事務所のパソコンからもリアルタイムでやり取りができます。訪問先で困ったことや共有しておきたいことなどの連絡に利用できます。訪問中など、なかなか電話に出られない場合も、エニフトークであれば、手の空いた時に確認が可能です。
人件費が負担になっている。システム導入だなんて、とてもお金をかけられない…
残業時間が減り、訪問件数が増やせる理由
エニフナース導入の利点は、記録書業務負担の軽減による時間効率のアップ。訪問先での手書きの記録を元に、事務所に戻ってからパソコンで入力といった手順では残業時間は増える一方です。エニフナースの場合、音声入力により記録書は外出時に作成でき、事務所へ戻ってからの作業はほとんどありません。記録書業務負担の軽減などにより、残業時間は削減、働く環境の改善で離職率は低下、余った時間を有効活用することにより訪問件数を増やすことができます。
タブレットは紛失した際など情報漏洩が気になり移行に踏み切れない…
万全なセキュリティで紛失でも情報漏洩の心配はなし
エニフナースに登録した記録や写真はクラウド上に保管。端末には情報は一切残らないので、万が一端末を紛失してしまった際にも情報漏えいが起こることはありません。暗号化をしてクラウドに保管するため、外部からデータの内容の確認はできないようになっています。また、コールセンターは24時間対応。ご連絡後、遠隔操作でロックを掛け、第三者が使用できないよう使用不可の状態にします。このようにセキュリティは万全。安心してご利用いただけます。

看護師のお困りごと

毎月、月末の報告書や計画書の作成と管理が大変。もっと効率的にできないものかな?…
記録書Ⅱからの自動入力で報告書をスピード作成
計画書の作成は音声入力により、入力時間を大幅に短縮することが可能。また、月末の報告書作成は、自動記載の機能により、二度手間の入力負担を減らすことができます。半日ほどかけて作成していた報告書は、訪問活動中に入力完了することも可能です。
訪問時に持っていくファイルが重くて大変。タブレットで管理できればいいのですが…
必要なデータは全てクラウドに。直行直帰も可能
エニフナースでは全ての利用者の記録書Ⅰ・Ⅱ・計画書・報告書・情報提供書・褥瘡評価・バイタル等がタブレット端末1つで管理することができます。また、訪問看護指示書や薬剤情報提供文書、利用者宅の情報などはアルバム機能で保管し、利用者ごとに一元管理することができます。導入先のステーションから訪問時の確認に大変便利とご好評をいただいている機能です。必要なデータはクラウドに保管されているので、各自それぞれの端末で全ての利用者情報の表示が可能。エニフナースさえあれば直行直帰も可能です。
一人で訪問するので、ケア方法に不安があります。すぐに指示を仰いて適切なケアをしたい…
一人訪問の不安はリアルタイムの情報共有で解決
質問や指示、写真などはクローズドのSNSエニフトークのグループ内で共有できます。訪問先で困ったことや共有しておきたいことなどの連絡に大変便利です。もちろんエニフトークでも音声入力「こえじ」が使えますので、電話でお話しするようなイメージで情報を文字で残すことができます。電話の場合、即時に繋がらないこともありますが、エニフトークであればグループ内の対応できるスタッフからアドバイスをもらうことができるので、訪問先でのケア方法に困ることもなくなります。エニフトークはパソコンでも使用できます。やり取りした内容はコピーアンドペーストしたり写真を保存することが可能。WORDやEXCELに貼り付けることもできます。

事務員のお困りごと

看護師が戻ってこないと実績と記録のチェックができない…
看護師の記録業務負担軽減は、事務員の負担軽減に
看護師の記録業務の負担が減り、リアルタイムの情報共有が計れると、事務員さんは看護師の帰りを待つことなくチェックを進めることができ、業務効率は上がります。

月額金額は一律。パソコンは何台でもOK

月額料金は端末1台につき9,000円(税別)。一日あたりのコストは約300円です。 パソコンにかかる費用はどんなに増えても0円です。
パソコンのライセンス費用は無料

セキュリティー対策・バックアップは万全

ガイドラインに則った、安心安全のセキュリティー

厚生労働省等のガイドラインに則り、安全性の高いデータセンターを利用。定期的なバックアップでデータ保護の対策も行っています。また、紛失時は遠隔ロックを行うことで端末は使用できなくなるので、もしもの時も安心です。訪問時も安心してご利用いただけます。

医薬品卸だからこそ提供できるアプリを搭載!業務をサポート

エニフナーストップ画面
東邦ホールディングスが束ねる共創未来グループは、医療・健康・介護分野に携わる企業集団です。薬の専用検索サイトや管理栄養士からの栄養情報など、医薬品卸売を始めとした事業展開をするグループ企業ならではの情報で、皆様の訪問看護業務をサポートいたします。

1人訪問の不安を解消できるSNSアプリ 『エニフトーク』

SNSアプリ『エニフトーク』を使用すれば、スタッフ全員とメッセージや写真の共有が可能です。スケジュール変更だけでなく、訪問先での傷の処置やアセスメントにも活用することができます。常にスタッフ全員と繋がりがもてるので1人訪問の不安解消にもつながります。また、エニフトークはクローズドのSNSなので、外部に情報が漏れることは一切ありません。

副作用や添付文書の確認に!薬の専用検索サイト

一包化された薬など、訪問先で確認したい薬情報は専用の検索サイトで検索。副作用や添付文書などを確認すれば利用者へ信頼のある情報を提供できます。確かな情報を素早く検索でき、より丁寧な説明を行うことができます。検索結果は記録アプリへ保存し、一括管理も行うことができます。

利用者さんへ役立つ情報を!さまざまな情報提供

医薬品や管理栄養士からの栄養情報を定期配信しています。トップページのアイコンからすぐに確認できるので、訪問時に利用者さんへすぐにお伝えすることができると、とてもご好評をいただいている機能です。スタッフ間の情報共有としても役立ちます。看護師向け、ケアマネ向けなどわかりやすい内容で構成しています。

外部連携(多職種連携システム)

カナミックやメディカルケアステーションなどの多職種連携システムも、エニフナースを経由して「こえじ」で記録することができます。

エニフナースへのお問い合わせはこちらから

エニフナースのお問い合わせやデモのご希望、お申し込みを受け付けております。 3営業日中にはご連絡させていただきます。今しばらくお待ちください。 個人情報の取り扱いについてはこちらをご覧ください。
  • ※は必須項目となります
  • 数字は半角で入力してください
  • メールアドレスはお間違いのないようにお願いいたします